第7回早稲田大学アプリケーションコンテスト 開催報告

インキュベーション推進室学生アシスタントです。

dsc03368

今回は、12月16日(金)に行われました「第7回早稲田大学アプリケーションコンテスト プレゼン決勝大会」の報告をさせていただきます。プレゼン決勝大会の会場である大隈記念講堂小講堂には、予選を勝ち抜いた選抜6チームが登壇いたしました。

今発表会のテーマは『アプリで活かそう! 位置情報。』と題して、地図における位置情報を活用したアプリケーションアイデアが集まりました。位置情報がテーマということで、毎年特別協賛にてご参加いただいている株式会社 ゼンリンデータコムにも多大なご協力をいただきました。

位置情報という縛りがあると、似たようなアイデアが集まるのかなあと思ってしまいますが、そこは若い学生たちが、いい意味で裏切ってくれます。柔軟な発想や各々の様々な体験をもとにバリエーション豊かなアイデアを披露してくれました。

各チームの出場動機は様々で、
「アプリのコンテストがあることを知って、出してみよう!となった。」
「良い仲間ができたので、何か挑戦してみたかった!」
「ずっと温めていたアイデアで勝負したくなった!」
「事業化を前提に、まずは第1歩を踏み出してみた。」
などなど。

動機は何であれ、真剣にコンテストに向き合って準備したすべてのチームに、心より尊敬の念を表します。審査員からは厳しい質問をいただくことも少なくなかったとは思いますが、それも挑戦したからこその証です。このコンテストが出場した皆様にとって、「良いきっかけ作り」になっていれば幸いです。

No.1 チーム名:Burgundy
アプリ名:『WaseBee』

dsc03298

No.2 チーム名:Project Plum
アプリ名:『Plum』

dsc03305

No.3 チーム名:Funish
アプリ名:『Raveli』

dsc03315

No.4 チーム名:PPAP (Pleasant Paths Attract People)
アプリ名:『ワセナビ』

dsc03322

No.5 チーム名:Politic3
アプリ名:『Be a 総理大臣!』

dsc03331

No.6 チーム名:Tabenomeet
アプリ名:『Tabenomeet』

dsc03335

各チームの発表の後、特別講演が行われました。今回は、株式会社メルカリ 取締役の小泉文明氏をお招きし、「メルカリ 急成長の裏側」という題でご講演いただきました。

dsc03346

小泉様は、早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2007年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFOとしてコーポレート部門全体を統括されました。2012年に退任後はいくつかのスタートアップを支援し、2013年12月株式会社メルカリに参画。2014年3月取締役に就任されています。

フリマアプリといえば「メルカリ」と、みんなが答えるぐらい、ここ数年で一気に浸透したサービス。その急成長の裏には、サービスの質の高め方や地道な広報、緻密な資本戦略がありました。日本最大のシェアを獲得し、世界に挑戦する「メルカリ」。世界シェアのトップにアメリカ発のサービスが多い昨今、ぜひ「メルカリ」には日本発でトップシェアを目指していただきたいと思います!普段は聴けないようなお話をしていただき、本当にありがとうございました。

「メルカリ」が最近のヒット商品などと共通するのは、「女性にウケる点」ではないでしょうか。写真・動画投稿に加え、簡単に自分が発信者になれるようになった今日、女性がサービスのインフルエンサーになる機会は今後ますます増えてくるように思いますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか。

特別講演の後には表彰式・閉会式が行われ、審査結果が発表されました。大会の副賞として、優勝は賞金25万円と賞状・トロフィー、準優勝は賞金10万円と賞状・トロフィーが授与されました。オーディエンス賞には賞金3万円と賞状が贈られました。
なお、各賞の受賞チームは以下のとおりとなりました。

○優勝 チーム名:PPAP (Pleasant Paths Attract People)
アプリ名『ワセナビ』

dsc03364

○準優勝 チーム名:Burgundy
アプリ名『WaseBee』

dsc03358

○オーディエンス賞 チーム名:Tabenomeet
アプリ名『Tabenomeet』

dsc03351

受賞された皆様、おめでとうございます!

毎度のことではございますが、ご観覧いただいた皆様に「こんなコンテストがあることをいままで知らなかった」との声を多くいただきます。広報活動に努めるとともに、ロイヤルティの高いコンテスト運営を心がけていきますので、今後ともご指導、応援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

改めて、応募にご参加いただいた学生の方々、授業の合間にご観覧いただいた学生の方々、日頃より産学連携・ベンチャー支援の取り組みにご協力いただいている方々、すべてのご来場いただきました方々に心より御礼申し上げます。

公式Webサイト http://www.waseda.jp/inst/inc/
公式Facebook http://www.facebook.com/wasedaincu/