第19回早稲田大学ビジネスプランコンテスト・レポート

インキュベーション推進室学生アシスタントです。

img_0006

歴史あるコンテストに

今回は、11月11日(金)に行われました「第19回早稲田大学ビジネスプランコンテストプレゼン決勝大会」の報告をさせていただきます。決勝の舞台である大隈記念講堂小講堂には、予選を勝ち抜いた選抜6チームが登壇いたしました。今回は高校生も決勝に出場いたしました!

今回で19回目の開催となり、ビジネスプランコンテストの中でもかなり歴史あるものになってきたなあと実感いたします。これもひとえに、協力・協賛していただいた皆様、ご観覧いただいた皆様、そして出場していただいた学生の皆様のおかげと存じます。心よりお礼申し上げます。

回を重ねるごとに、コンテスト全体としてのレベルも上がり、主催側としても身が引き締まる思いです。また、毎年学生の皆さんから絶えず面白く、そして考え抜かれたアイデアを拝聴できるのも主催者冥利に尽きます。

No.1 プラン名:『VForm』

チーム名:VForm

img_0032

No.2 プラン名:『医療機器(レーザー)シェアリング』

チーム名:Chobit

img_0048

No.3 プラン名:『1日1回、人生を変えるヒントが届くアプリ』

チーム名:ポズ

img_0075

No.4 プラン名:『シングルファザーDays』

チーム名:Change

img_0098

No.5 プラン名:『なびにばる』

チーム名:Foo Bar

img_0106

No.6 プラン名:『Study Innovation in University』

チーム名:Future Education

img_0141

特別講演 HEROZ株式会社 代表取締役 林隆弘氏

各チームの発表の後、特別講演が行われました。今回は、HEROZ株式会社 代表取締役の林隆弘氏をお招きし、「人工知能(AI)革命に挑戦するHEROZ」という題でご講演いただきました。

img_0149

2015年アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・チャレンジング・スピリッツ賞受賞

林様は、1999年に早稲田大学を卒業され、IT事業に係わった経験から、人工知能(AI)とモバイルで面白いことができると確信し、2009年4月HEROZ株式会社を設立。当初はソーシャルアプリを展開していたが、将棋においてAIが目覚ましい発展をしていたことに着目、AIを事業化するため、将棋電王戦で現役プロ棋士に勝利したAIを搭載した「将棋ウォーズ」をリリース。300万人以上に愛用される大ヒットアプリに成長させて、なおも躍進中でいらっしゃいます。

ご講演の中で、林様ご自身、高校生の時から棋士としてご活躍されていたことを聴いて、皆驚いていたことと思います。「起業家の中では、将棋は最強だと思います。」とおっしゃっていましたが、棋士としても一流の方がベンチャー起業家としても飽くなき探究心で前に挑む姿は、オーディエンスの心に響いたことでしょう。

チェス・将棋・囲碁で最強となったAIの可能性は

世界を代表するボードゲームの想定される手は、チェス:10の120乗、将棋:10の220乗、囲碁:10の320乗だとされています。その世界で、プロに対して、チェスはIBMが、将棋はHEROZが、そして囲碁はGoogleが,それぞれに開発したAIで勝利を収めてきました。人間を超越しつつあるAI。ベンチャービジネスとしてだけでなく、私たちの生活に革命を起こし続けることは間違いないでしょう。その業界にあって先陣をきるHEROZ。フィンテック領域への応用も進めている林様の今後の躍進には目が離せませんね!

優勝チームは・・・

特別講演の後には表彰式・閉会式が行われ、審査結果が発表されました。コンテストでは恒例となっている、オーディエンスドラムロール!みなさんで、床を踏み鳴らし、結果発表を待ちます!各賞の受賞チームは以下のとおりとなりました。

優勝チームはスティーブ・ジョブズに負けるとも劣らないプレゼンテーションでオーディエンスの心も惹きつけ、プラン内容も評価されました。準優勝チームは、これからの時代には絶対に欠かせない、社会的意義・社会貢献を第一に考えたプランでこれからの「ビジネス」がどうあるべきか問いを投げかけてくれたような気がします。

img_0258

○優勝 チーム名:ポズ

プラン名:『1日1回、人生を変えるヒントが届くアプリ』

○準優勝 チーム名:VForm

プラン名『VForm』

○オーディエンス賞 チーム名:ポズ

プラン名:『1日1回、人生を変えるヒントが届くアプリ』

受賞だけが全てではない!

受賞された皆様、おめでとうございます!なお、今回惜しくも賞をもらえなかったチーム、予選で落選したチームの方も多くいらっしゃることと思います。受賞できなかったからダメなアイデア、決勝に進めなかったからダメなアイデア、ということは決してありません!

皆さんが考えたアイデアひとつひとつがビジネスの原石です。そのアイデアを大事にして、どうして落選してしまったのか、どうすれば改善できるのか、あきらめずにぜひ考えていただければと思います。

来年は記念すべき?第20回!

この度も無事コンテストを開催することができました。改めて、応募にご参加いただいた学生の方々、授業の合間にご観覧いただいた学生の方々、日頃より産学連携・ベンチャー支援の取り組みにご協力いただいている方々、一般の方々、すべてのご来場いただきました方々に心より御礼申し上げます。

来年の開催では、いよいよ第20回目のコンテストとなる予定です。アニバーサリーイヤーにふさわしいコンテストができるよう、スタッフ一同さらなる努力をしていく所存です。これからも早稲田大学ビジネスプランコンテスト、早稲田大学インキュベーション推進室をどうぞよろしくお願いいたします。

インキュベーション推進室に関して、詳しくはHPやFacebookページをご覧ください。随時イベントの告知なども行っております。

公式Webサイト http://www.waseda.jp/inst/inc/

公式Facebook http://www.facebook.com/wasedaincu/