第7回早稲田大学アプリケーションコンテスト 開催報告

インキュベーション推進室学生アシスタントです。

dsc03368

今回は、12月16日(金)に行われました「第7回早稲田大学アプリケーションコンテスト プレゼン決勝大会」の報告をさせていただきます。プレゼン決勝大会の会場である大隈記念講堂小講堂には、予選を勝ち抜いた選抜6チームが登壇いたしました。

今発表会のテーマは『アプリで活かそう! 位置情報。』と題して、地図における位置情報を活用したアプリケーションアイデアが集まりました。位置情報がテーマということで、毎年特別協賛にてご参加いただいている株式会社 ゼンリンデータコムにも多大なご協力をいただきました。

位置情報という縛りがあると、似たようなアイデアが集まるのかなあと思ってしまいますが、そこは若い学生たちが、いい意味で裏切ってくれます。柔軟な発想や各々の様々な体験をもとにバリエーション豊かなアイデアを披露してくれました。

各チームの出場動機は様々で、
「アプリのコンテストがあることを知って、出してみよう!となった。」
「良い仲間ができたので、何か挑戦してみたかった!」
「ずっと温めていたアイデアで勝負したくなった!」
「事業化を前提に、まずは第1歩を踏み出してみた。」
などなど。

動機は何であれ、真剣にコンテストに向き合って準備したすべてのチームに、心より尊敬の念を表します。審査員からは厳しい質問をいただくことも少なくなかったとは思いますが、それも挑戦したからこその証です。このコンテストが出場した皆様にとって、「良いきっかけ作り」になっていれば幸いです。

No.1 チーム名:Burgundy
アプリ名:『WaseBee』

dsc03298

No.2 チーム名:Project Plum
アプリ名:『Plum』

dsc03305

No.3 チーム名:Funish
アプリ名:『Raveli』

dsc03315

No.4 チーム名:PPAP (Pleasant Paths Attract People)
アプリ名:『ワセナビ』

dsc03322

No.5 チーム名:Politic3
アプリ名:『Be a 総理大臣!』

dsc03331

No.6 チーム名:Tabenomeet
アプリ名:『Tabenomeet』

dsc03335

各チームの発表の後、特別講演が行われました。今回は、株式会社メルカリ 取締役の小泉文明氏をお招きし、「メルカリ 急成長の裏側」という題でご講演いただきました。

dsc03346

小泉様は、早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2007年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFOとしてコーポレート部門全体を統括されました。2012年に退任後はいくつかのスタートアップを支援し、2013年12月株式会社メルカリに参画。2014年3月取締役に就任されています。

フリマアプリといえば「メルカリ」と、みんなが答えるぐらい、ここ数年で一気に浸透したサービス。その急成長の裏には、サービスの質の高め方や地道な広報、緻密な資本戦略がありました。日本最大のシェアを獲得し、世界に挑戦する「メルカリ」。世界シェアのトップにアメリカ発のサービスが多い昨今、ぜひ「メルカリ」には日本発でトップシェアを目指していただきたいと思います!普段は聴けないようなお話をしていただき、本当にありがとうございました。

「メルカリ」が最近のヒット商品などと共通するのは、「女性にウケる点」ではないでしょうか。写真・動画投稿に加え、簡単に自分が発信者になれるようになった今日、女性がサービスのインフルエンサーになる機会は今後ますます増えてくるように思いますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか。

特別講演の後には表彰式・閉会式が行われ、審査結果が発表されました。大会の副賞として、優勝は賞金25万円と賞状・トロフィー、準優勝は賞金10万円と賞状・トロフィーが授与されました。オーディエンス賞には賞金3万円と賞状が贈られました。
なお、各賞の受賞チームは以下のとおりとなりました。

○優勝 チーム名:PPAP (Pleasant Paths Attract People)
アプリ名『ワセナビ』

dsc03364

○準優勝 チーム名:Burgundy
アプリ名『WaseBee』

dsc03358

○オーディエンス賞 チーム名:Tabenomeet
アプリ名『Tabenomeet』

dsc03351

受賞された皆様、おめでとうございます!

毎度のことではございますが、ご観覧いただいた皆様に「こんなコンテストがあることをいままで知らなかった」との声を多くいただきます。広報活動に努めるとともに、ロイヤルティの高いコンテスト運営を心がけていきますので、今後ともご指導、応援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

改めて、応募にご参加いただいた学生の方々、授業の合間にご観覧いただいた学生の方々、日頃より産学連携・ベンチャー支援の取り組みにご協力いただいている方々、すべてのご来場いただきました方々に心より御礼申し上げます。

公式Webサイト http://www.waseda.jp/inst/inc/
公式Facebook http://www.facebook.com/wasedaincu/

特別セミナー開催報告

インキュベーション推進室学生アシスタントです。

先日開催されたインキュベーション推進室主催の特別セミナーのご報告をさせていただきます。

 

テーマ「ベンチャー企業・中小企業向け公的支援制度の活用方法」

12月2日(金)インキュベーション推進室シニアコンサルタントの辰野博一氏による特別セミナーを開催いたしました。テーマは「ベンチャー企業・中小企業向け公的支援制度の活用方法」ということで、実際に経営に携わる方や起業間近で資金繰りを真剣に検討されている方の参加が多く見受けられましたが、学生の参加もありその心意気には感心させられます。

また、講演には東京三協信用金庫の水村喜洋氏、および、今年度東京都創業助成金に採択されたカソク株式会社の新井恵介代表をゲストとしてお招きし、具体的なお話もいただきました。

活用法と経験談

講演では、まず辰野氏から、現在応募可能な補助金・助成金(小規模事業者持続化補助金、革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金・キャリアアップ助成金)についてご紹介いただきました。

img_0001

後半は水村氏より、これらの具体的な応募方法や手続きについて講演いただきました。また、新井氏からも東京都創業助成金の概要や応募資格についてや、実際にどのように事業計画書を作成したかなど生の経験談をお話いただきました。水村氏によれば、「新井氏は昨年まではオーディエンス側であったが、今回は講師役を務めてもらっている」ということで、皆様も勇気付けられたことと思います。

今回のセミナーを契機に起業を成し遂げられる方、より活発な事業活動を行っていく企業が生まれたら本望です。

 

インキュベーションセンターからのお知らせ

インキュベーションセンターでは、ビジネススタートアップセミナーの他にもイベントを開催しています。近日中には年2回の開催で好評をいただいている「第7回早稲田大学アプリケーションコンテスト」を開催いたします。精鋭6チームがプレゼンするアプリはどれも魅力的なものばかりです!みなさまの当日のご観覧を心よりお待ちしております。

 

詳しくはインキュベーション推進室HPやFacebookページをご覧ください。随時イベントの告知なども行っております。

第19回早稲田大学ビジネスプランコンテスト・レポート

インキュベーション推進室学生アシスタントです。

img_0006

歴史あるコンテストに

今回は、11月11日(金)に行われました「第19回早稲田大学ビジネスプランコンテストプレゼン決勝大会」の報告をさせていただきます。決勝の舞台である大隈記念講堂小講堂には、予選を勝ち抜いた選抜6チームが登壇いたしました。今回は高校生も決勝に出場いたしました!

今回で19回目の開催となり、ビジネスプランコンテストの中でもかなり歴史あるものになってきたなあと実感いたします。これもひとえに、協力・協賛していただいた皆様、ご観覧いただいた皆様、そして出場していただいた学生の皆様のおかげと存じます。心よりお礼申し上げます。

回を重ねるごとに、コンテスト全体としてのレベルも上がり、主催側としても身が引き締まる思いです。また、毎年学生の皆さんから絶えず面白く、そして考え抜かれたアイデアを拝聴できるのも主催者冥利に尽きます。

No.1 プラン名:『VForm』

チーム名:VForm

img_0032

No.2 プラン名:『医療機器(レーザー)シェアリング』

チーム名:Chobit

img_0048

No.3 プラン名:『1日1回、人生を変えるヒントが届くアプリ』

チーム名:ポズ

img_0075

No.4 プラン名:『シングルファザーDays』

チーム名:Change

img_0098

No.5 プラン名:『なびにばる』

チーム名:Foo Bar

img_0106

No.6 プラン名:『Study Innovation in University』

チーム名:Future Education

img_0141

特別講演 HEROZ株式会社 代表取締役 林隆弘氏

各チームの発表の後、特別講演が行われました。今回は、HEROZ株式会社 代表取締役の林隆弘氏をお招きし、「人工知能(AI)革命に挑戦するHEROZ」という題でご講演いただきました。

img_0149

2015年アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・チャレンジング・スピリッツ賞受賞

林様は、1999年に早稲田大学を卒業され、IT事業に係わった経験から、人工知能(AI)とモバイルで面白いことができると確信し、2009年4月HEROZ株式会社を設立。当初はソーシャルアプリを展開していたが、将棋においてAIが目覚ましい発展をしていたことに着目、AIを事業化するため、将棋電王戦で現役プロ棋士に勝利したAIを搭載した「将棋ウォーズ」をリリース。300万人以上に愛用される大ヒットアプリに成長させて、なおも躍進中でいらっしゃいます。

ご講演の中で、林様ご自身、高校生の時から棋士としてご活躍されていたことを聴いて、皆驚いていたことと思います。「起業家の中では、将棋は最強だと思います。」とおっしゃっていましたが、棋士としても一流の方がベンチャー起業家としても飽くなき探究心で前に挑む姿は、オーディエンスの心に響いたことでしょう。

チェス・将棋・囲碁で最強となったAIの可能性は

世界を代表するボードゲームの想定される手は、チェス:10の120乗、将棋:10の220乗、囲碁:10の320乗だとされています。その世界で、プロに対して、チェスはIBMが、将棋はHEROZが、そして囲碁はGoogleが,それぞれに開発したAIで勝利を収めてきました。人間を超越しつつあるAI。ベンチャービジネスとしてだけでなく、私たちの生活に革命を起こし続けることは間違いないでしょう。その業界にあって先陣をきるHEROZ。フィンテック領域への応用も進めている林様の今後の躍進には目が離せませんね!

優勝チームは・・・

特別講演の後には表彰式・閉会式が行われ、審査結果が発表されました。コンテストでは恒例となっている、オーディエンスドラムロール!みなさんで、床を踏み鳴らし、結果発表を待ちます!各賞の受賞チームは以下のとおりとなりました。

優勝チームはスティーブ・ジョブズに負けるとも劣らないプレゼンテーションでオーディエンスの心も惹きつけ、プラン内容も評価されました。準優勝チームは、これからの時代には絶対に欠かせない、社会的意義・社会貢献を第一に考えたプランでこれからの「ビジネス」がどうあるべきか問いを投げかけてくれたような気がします。

img_0258

○優勝 チーム名:ポズ

プラン名:『1日1回、人生を変えるヒントが届くアプリ』

○準優勝 チーム名:VForm

プラン名『VForm』

○オーディエンス賞 チーム名:ポズ

プラン名:『1日1回、人生を変えるヒントが届くアプリ』

受賞だけが全てではない!

受賞された皆様、おめでとうございます!なお、今回惜しくも賞をもらえなかったチーム、予選で落選したチームの方も多くいらっしゃることと思います。受賞できなかったからダメなアイデア、決勝に進めなかったからダメなアイデア、ということは決してありません!

皆さんが考えたアイデアひとつひとつがビジネスの原石です。そのアイデアを大事にして、どうして落選してしまったのか、どうすれば改善できるのか、あきらめずにぜひ考えていただければと思います。

来年は記念すべき?第20回!

この度も無事コンテストを開催することができました。改めて、応募にご参加いただいた学生の方々、授業の合間にご観覧いただいた学生の方々、日頃より産学連携・ベンチャー支援の取り組みにご協力いただいている方々、一般の方々、すべてのご来場いただきました方々に心より御礼申し上げます。

来年の開催では、いよいよ第20回目のコンテストとなる予定です。アニバーサリーイヤーにふさわしいコンテストができるよう、スタッフ一同さらなる努力をしていく所存です。これからも早稲田大学ビジネスプランコンテスト、早稲田大学インキュベーション推進室をどうぞよろしくお願いいたします。

インキュベーション推進室に関して、詳しくはHPやFacebookページをご覧ください。随時イベントの告知なども行っております。

公式Webサイト http://www.waseda.jp/inst/inc/

公式Facebook http://www.facebook.com/wasedaincu/