マーケティングのツボ~2014年度第6回ビジネススタートアップセ ミナーレポート

インキュベーション推進室スタッフです。

1月16日(金)、新年最初のビジネススタートアップセミナーを開催しました。

今回のテーマは『マーケティングのツボ』。インキュベーション推進室のマーケティングコンサルタントであり、ブリッジ・コミュニケーションズ有限会社 シニアブランドコンサルタントの 榊原ひろ子氏をご講演いただきました。

榊原ひろ子氏

榊原氏は社会工学研究所、電通EYE、電通ブランドクリエーションセンター等に勤務された後に独立。現在はブランディングを中心に、マーケティング・コミュニケーション戦略の企画立案を多く手がけていらっしゃいます。今回は長年にわたり様々な企業の広報活動に携わってこられた経験をもとに、ベンチャー企業にも必要となるマーケティングの考え方のポイントについてお話しいただきました。

セミナーの様子

マーケティングというと、「=宣伝・広告・PR」というイメージから、特に創業間もない企業等では”お金がかかるし、自分たちにはまだ不要”と考えてしまう場合があるかと思います。しかし、 実は商品やサービスの開発から、営業先の開拓、商品のPRにいたるまで、その全てがマーケティング活動の一環であるということを、具体例を交えてわかりやすくご説明いただいた後には、マーケティングとは新たに事業を始めるような段階においてこそ重要な考え方なのだ、という印象に変わりました。起業に関心を持ってご参加いただいた学生の方だけではなく、既に事業を展開されている起業家の方にとっても気付きの多いお話だったことと思います。

さて、次回のセミナーは3月27日(金)、2015年度の最終回となります。この1年の総括として、「起業して働くということ」と題し、当インキュベーション推進室シニアコンサルタントで、ウエルインベストメント株式会社代表取締役社長の瀧口匡氏にご講演いただきます。

参加申し込みは近日、受付を開始する予定です。皆さんのお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。お申込みをお待ちしております。