【インキュベーション推進室・活動報告】マーケティング・ワークショップ(第3回)を開催しました!

11月8日(金)、9月より全3回のシリーズと開催してまいりました当センターの新企画、「マーケティング・ワークショップ」の第3回(最終回)が開催されましたのでご報告いたします。

「プレスリリース」とは、企業や行政等の組織がマスメディア等に向けて情報を発信すること、およびそのために配布する資料のことです。新製品の発売など、自社に関する新しい情報を各メディアに発信し、それをニュースとして取り上げてもらうことで広く一般の方々に伝えることを目的として作成されます。

仮に情報が各メディアのニュースとして取り上げてもらえれば非常に効果の高い広報活動の1つではありますが、一方で、各メディアに届くプレスリリースは日々膨大な量にのぼり、その中から実際にニュースの素材として取り上げてもらうことは至難の業でもあります。

そこで、〝ニュースとして取り上げられることを目指した自社のプレスリリースを実際に作成してみること″が今回の課題となりました。

各社に自社のプレスリリースを作成いただいた後、最後には参加者全員でそれぞれが作成したプレスリリースを読み、インキュベーション推進室シニア・コンサルタントの清水康氏と、今回、一連のワークショップの講師を務めていただいた同マーケティング・コンサルタント・榊原ひろ子氏(ブリッジ・コミュニケーションズ有限会社 代表)からご講評をいただきました。

文書の作成に充てられた時間はわずか1時間半程度で、各社とも商品の魅力を効果的に伝える文書を作成することは大変だったようです。

当然、実際の業務で使用されるプレスリリースはその文面および発信のタイミングが大変重要で、こんな短時間で作成するものではないとのことですが、しかし、今回ご参加いただいた皆様には、効果的なプレスリリースを作成することの重要性と難しさ、また、その先に広がるマーケティングの奥深さを十分にご体感いただけたのではないかと思います。今回の経験が実際の業務に活かされ、参加企業の方々のニュースがメディアに取り上げられることを心より願っております。

今回で、当センターとしては新しい試みだったワークショップが無事、終了しました。初めての企画で事前の告知や準備などに不慣れなところもありましたが、各回ともにご参加いただいた皆様には大変好評でしたので、今後もさらにパワーアップした企画を準備したいと思います。ぜひご期待ください!