ケータイの中にパーソナルヒストリーをつくろう! 入居ベンチャー「ウタゴエ」がお手伝いします

インキュベーションセンタースタッフです。いよいよ受験シーズン本番となり、試験会場を下見しにきたのか、プリントアウトした地図か何かを片手にきょろきょろする学生をキャンパスで見かけるようになりました。

今回は、センター入居企業である「ウタゴエ」が提供している無料の携帯アプリ「瞬間日記」(iPhone/Android)をご紹介します。「瞬間日記」自体は2010年6月24日の本欄でも触れておりますが、今回はもう少し具体的に。

基本的には、メモを書くと日付および時刻とともにその内容を記録、蓄積するという日記アプリです。入力文字数は最大140文字と、Twitterでのツイート感覚で入力できます。また、写真を記録することも可能ですし、記録したデータをメールで送信したり、Evernote などへエクスポートしたりすることもできます。

さて、それでは実際に動かしてみましょう。アプリを起動すると、すぐに入力できます。



▲アプリを起動するとすぐ入力可能

文字どおり日記を付けたり、アイデア帳にしたり、使いかたはさまざま。取ったメモにタイプスタンプが自動で入るということをいかして、ビジネスに利用することもできます。



▲自分の足跡を自分で残せます

書いたデータを蓄積、整理すると、そのデータが後々重要な意味を持ってくることもあります。その蓄積、整理の手間を気にすることなく、どんどん記録できるツール。みなさんも試してみませんか?

創業後の方にも役立ちます!第10回入居者セミナー「創業者向け融資制度について」のご案内 

 インキュベーション推進室では、入居者を主な対象としたセミナーを定期的に開催しております。1月28日(金)に開催する第10回セミナーは、日本政策金融公庫の奥村浩治氏をインキュベーションセンターにお招きし、創業者向けの融資制度について語っていただきます。

ビジネスに必要となる情報は、多方面にさまざまなアンテナを広げていればこそ、得ることができるもの。自分とは違うフィールドからみた“別の現場”に触れることで、自分の動きを相対化して見直すこともできるでしょう。そんな、刺激的な“出会い”の場へ、ご案内します。今回は創業のみならず、創業後の方にも役に立つテーマです。ふるってご参加ください!


開催概要

件名 インキュベーションセンター 第10回 入居者交流会
主催 早稲田大学インキュベーション推進室
日時 2011年1月28日(金) 17:30〜19:00
(18:00から交流会)
内容 「創業者向け融資制度について」
講師:日本政策金融公庫 国民生活事業 こくきん創業支援センター東京 奥村浩治氏

会場 インキュベーションセンター オープンスペース
参加対象 入居者、コミュニティ会員、ゲスト、推進室関係者 ほか
定員 30名程度

なお、参加申込みにあたっては、事前の参加予約申込みが必要となります。お手数ですが、参加ご希望者名、ご所属(会社名・学校名等および役職)、ご連絡先(電話番号および電子メールアドレス)をご記入のうえ、タイトルを「入居者交流会希望」として、インキュベーション推進室まで電子メールにてご連絡ください。折り返し、推進室事務所よりご案内差し上げます。